ポロプリズムの復活――オリンパス「E-330」

ポロプリズムの復活――オリンパス「E-330」



オリンパス「E-330」といえば「ああ、あの」と思い起こす人、いまだ愛用している人もいるはずだ。ポロプリズム方式を採用した希少性は今でなお、輝きを失っていない。


オリンパスファンならば「オリンパスペンF」というカメラには特別の感情を抱いているはずだ。35ミリフィルムサイズを半分にして使うハーフサイズカメラのオリンパス・ペンで大ヒットを記録したオリンパスが、その総仕上げとして世に出したのが「ハーフサイズ一眼レフカメラ」オリンパスペンFだからである。

一般的な一眼レフカメラが本体上部にペンタプリズムを飛び出させた形状をしているのに対して、ポロプリズムはカメラ本体を出っぱりのない直方体にすることに成功した。これはバッグなどへの収納時、場所を取らないので非常に使い勝手が良い。ポロプリズムを採用したハーフサイズ一眼レフは、もちろんオリンパスからしか発売されていないオリジナリティあふれるものだ。だから今だに愛好家が存在するのだ。
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1111/09/news023.html

"ポロプリズムの復活――オリンパス「E-330」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント